男の人

現場責任者必見の土嚢袋|建設工事を効率良く安全に行なうための製品

メリットが多いシート

工事現場

建築業界やリフォーム業界に携わる企業では、養生シートを使用して家具が傷つくことを防ぎます。現在、人気となっているのがビニールシートです。多くのメリットがあるために、使用場所も様々です。

Read More

多くの業界や職種で活躍

工場

日本人は手先がとても器用ですので、日本の加工技術は世界的にもトップクラスです。中でもスリット加工は、いろんな業界や職種で活躍しています。カットする素材や幅、そして薄さを変えることができます。

Read More

種類豊富なシート

工事

建築現場や解体現場ではホコリやゴミが作業中に飛散してしまうでしょう。そのため、建物全体を建築シートで覆いつくしてください。そして現在は多くの種類の建築シートが販売されています。

Read More

使いやすい製品

複数の土のう袋

災害時に活躍している土のう袋は、建設現場でも活躍しています。集中豪雨や河川の氾濫で泥水が浸入すること防いでくれます。これから土のう袋の購入を検討している現場責任者は、最新の土のう袋をオススメします。吸水性ポリマーを使用しているために、使用前はとても薄くペラペラな状態ですが、一度水分を吸収すると、内部の吸水性ポリマーが膨れ上がり、とても大きくなります。そのため、重量も変化します。吸水前は、約400gと軽量なために子どもでも簡単に運ぶことができる重さです。それが水分を吸収することで、約15kg以上の重さになります。これが最新の吸水性土嚢袋です。保管も簡単にできますし、保管するためのスペースも少なくなります。そして、吸水前は軽量のために、子どもや女性でも楽に運ぶことができるのが、吸水性土嚢袋のメリットです。

この土嚢袋は後処理も非常に簡単にできます。吸水性ポリマーはそのまま捨てることはできないので天日干しをしましょう。天日干しをすることで、吸収した水分を排出するために、元の状態に戻ります。天日干しをする期間は約2周間程度必要になりますので、短時間で処理をしたい方は、塩化カルシウム溶液を準備してください。吸水性土嚢袋の内部の吸水性ポリマーは、塩化カルシウム溶液に浸けることで、短時間で脱水することができます。そのため、すぐに処理できるでしょう。そして、吸水性土嚢袋は環境を配慮した設計になっているので、処理をしても地球環境を破壊することはありません。環境に優しくて、楽に使用することができる土のう袋として人気が集まっています。